0120-736-368
リフォーム受付センター

小さな家族 Vol.12 犬のベアトリスちゃん

2020/09/12/インフォメーション, ホムスタBLOG, 小さな家族

今回のペット紹介は、

我らがホムスタ期待の星⭐︎堀越徹のワンちゃんです!

ミニチュアピンシャーのベアトリスちゃん(女の子)が

堀越家にやってきたのは2010年の1月でした。

かれこれ10年になります!

 

はじめはヨークシャテリアを飼おうと思ってペットショップを訪ねた堀越さん。

なのに!

目に止まったベアトリスちゃんがあまりにも可愛くて釘付けになってしまったんですって。

想定外だったものですから、それはそれは迷いに迷って。

家に帰ってきてはあの可愛い姿が忘れられず、

結局3回もお店に行ってしまったらしいですよ。

ベアトリスちゃんは、ちょっと犬らしくないところがあって・・・

ちゃんとしたワンちゃん用のおやつよりも、

ペットボトルのキャップをひたすら噛むのが大好き。

 

お気に入りの餌も、なぜかキャベツやレタスの芯のそばの硬いところ。

せっかくの柔らかくて美味しい葉の部分は食べないんですって。

色々とこだわりがあるタイプなんですね!

 

ちょっと心配なこともあるんです。

脚が細いせいかよく痛めてしまうそう。

そのくせピョンピョン元気いっぱいに飛び回るので、

堀越さんは心配で気が気じゃないみたい。

 

散歩や餌の時間が何よりの楽しみなので、

その時間が近づくとフガフガ落ち着きがなくなっちゃう。

わかりやす〜い♪

じつは、かつて血小板減少症という難しい病気にかかったことがあり、

生死の境を彷徨いました。

病気になってからは、おむつが欠かせなくて可愛そうだけど、

履いているおむつがずり下がり「腰パン」みたいになっちゃうところが

なんともかわいいベアトリスちゃんです。

ところで、一番懐いているのは堀越さんかと思いきや、

散歩や餌を担当しているお父様なんですって。

やっぱりそうなっちゃうか〜(笑)。

 

それでも堀越さんが帰宅すると、いつも「なでて、なでて〜」とばかりに

寄ってくるから憎めないそう。

しかも、雷がなった日は必ず足元に来て寝るらしい♡

ちなみに普段はソファーでお腹を丸出しにして寝てるとのこと。

 

堀越家ですっかりリラックスしているベアトリスちゃんです。

お問い合わせはコチラ

こんな方に・・・

  • いつでも気軽に相談できるリフォーム屋さんを探している
  • 低予算でも、機能的で素敵な水廻り製品をプロの目で選んでほしい
  • 一回のリフォームだけでなく、ホームドクターとしてずっとお家のメンテナンスを頼みたい
  • 今の生活にあった間取りに変更したいけど、どうすればいいかわからない
  • 火災保険の対象工事か相談したい
  • 他のリフォーム屋さんの見積内容が心配だからチェックしてほしい

お問合せは
今すぐコチラまで

リフォーム受付センター

0120-736-368

(受付:平日9:00~18:00)

【ご来店も大歓迎です】
神奈川県横浜市瀬谷区中央39-4

【横浜/リフォーム会社/トイレ/キッチン/お風呂/外壁塗装/内装/間取り変更/屋根張替え】
Copyright (c) yokohama-home-staff.inc. All Rights Reserved.